きっかけ。

最近、パン作りにハマっているんですけど、大抵失敗するんですよね。イースト臭いパンができたり、全然膨らまなくて、粉っぽいパンができたり。

そもそも、パンを作りたかった理由としては、
お米は常温保存可能で、簡単に炊けるじゃん?1食あたり、20〜30円くらい。
パスタも常温保存で、簡単に茹でられるじゃん?1食あたり、20〜30円くらい。
パンも、常温保存可能な状態で、簡単に作れればいいなぁと思ったわけです。1食あたり、20〜30円くらいでね。でも、実際食パン買うと意外と安いんですよね。半斤で、100円〜150円。6枚切りで、1回1〜2枚食べたとしても、20円〜40円で安いものですね。でも、常温保存できずに、余ったら冷凍庫行きですが、冷凍庫にパンを入れると意外と場所をとります。だから、お米やパスタのように、作れるといいなぁと思ったわけです。

しかも、中力粉!!!安い!!!

ドーン!ドンドンドンドン、ドンキー、ドンキーホーテー♪

ほんとはリスドールとかで、本格的なフランスパンを〜と思うわけですが、まぁ、準強力粉≒中力粉なんじゃ?という発想で、中力粉で作ってみました。なんと、1kg、100円前後!!これなら、半斤、30円狙えるのでは?!

ちゃんとフランスパンを作りたい人は、リスドール。


参考にしたレシピたち

レシピで、私が重要視したのは、パスタや炊飯のように、息を吸って吐くレベルで日常生活で作れること。ちょっといいすぎ?とにかく、「パン作りが趣味です!」とか言えないレベルのパン作りをしたい。ご飯炊くのが趣味です!とか言わないでしょ。それと同じ感覚でパンが作れるレシピが欲しい!!

ということで、色々実験してみた結果、いろんなレシピ条件が出てきた。

  • 手でこねない(手でこねるスペースが無いし、衛生面を考慮したくないし、手を汚したくない)
  • イーストいっぱい入れる系のレシピは早くできるけど、イーストもったいないから、多少時間かけてもOK
  • イーストの発酵温度が難しすぎるので、温度管理しやすいレシピがいい。
  • 洗い物減らしたいし、ふきんを掛けたりとか、パン作りでしか使わない道具は持ちたくない(カードとか、焼型とか)
  • できるだけ、ポリ袋や手袋やサランラップやクッキングシートなど、捨てるものを減らしたい
  • ちぎりパンはフライパンで作りました感とおやつ感が好きじゃないので、食卓に並べるならテーブルパンがいい。私と彼は、パリッとした皮のフランスパン、中はふわっとしたのがいい。
  • オーブン持っているので、フライパンで管理するより、ほっといて焼けるオーブンを使いたい(ない人は、トースターでも焼けるし、フライパンでちぎりパンとして焼いてもいい)
  • もっと簡単な方法としてベーキングパウダーがあるが、なんとなくイーストを使いたい。ベーキングパウダー使うなら、ホットケーキミックス(ベーキングパウダーが入っている)で、パンケーキかナンを焼く。

ということで、参考にしたのが下記のレシピ。

フライパンパンの作り方

まずは、「フライパンパンの作り方」という動画。この生地の作り方は、本当に参考になりました〜!!途中で「油脂をいれなくてもいいよ、水の量は同じだよ」とか、「食べやすく甘めに仕上げているから砂糖は多めだよ」という言葉もとても参考になりました。

 

はるあんちゃんのほったらかしパン プチ

もう一つ参考にしたのは、かわいいはるあんちゃんの動画。ほったらかしプチパンの焼き方を参考にしました。この、はるあんちゃん、めっちゃ可愛くて元気で、癒やされるのよね〜♡簡単バリバリ!!という、焼き方を参考にしました。
ほったらかしパンのレシピで、冷蔵庫でオーバーナイト法もしてみたんだけど、温度が低すぎたのか、発酵がうまくいかず。今度またチャレンジしてみたいと思います。今回は焼き方を参考にしました。

 

ということで、レシピです。

レシピ

材料(プチパン4つ分)

中力粉(強力粉、薄力粉でもOK) 150g
イースト 1.5g
砂糖 10g
1.5g
100ml

作り方

  1. オーブン調理可能なフライパン(ティファールなど)に水を入れ、強火で10秒温める(水が人肌の温度になったか指を入れて確かめながら温める。温かくなければ10秒以上加熱して止める)
  2. フライパンを、キッチンスケールの上に乗せる。フライパンの水の中に、イースト、砂糖、塩をできるだけ重ならないように入れ、入れた順に、ゴムベラか木べらでかき混ぜる。
  3. 2の中に、中力粉を半分入れる。よく混ぜ、残りの中力粉を入れる。キッチンスケールをどけて、よく混ぜ、まとまってきたら、ヘラでまとめる。
  4. フライパンに蓋をして、コンロに移し、5秒強火で温める。フライパンが少し温かくなったらOK。
  5. 60分そのまま置く。
  6. 蓋をとり、中力粉(分量外)をふりかけて、空気を軽く抜き、4つにへらで分けて、手で丸めて、フライパンの中に、できるだけ4つ離して置く。
  7. 蓋をして、5秒強火で温める。
  8. 30分そのまま置く。
  9. 230度にオーブンを予熱する。粉を茶こしでふりかけて(なくても良い)クープを包丁で入れてオリーブオイルを垂らす(なくても良い)。
  10. 取っ手を取り外して、フライパンのままオーブンに入れ、230度のオーブンで15分焼く。

焼けるいい匂いが!!これまで体感したことのない、パンの焼けるいい匂い!!

ヤッター!!!完成!!!私が食べたかった、こんがりフランスパンっぽい焼き加減!!きれいに割れ目も入っている!!(クープというらしい)

中もふわふわ〜!イースト臭くない〜♡食べると、めっちゃおいしい。が、しかし・・・底が焦げている〜!!!長く焼きすぎたかな〜次は、20分ではなく15分で焼いてみよう。

おいしくいただきました♡また作ってみたくなる簡単さ!!
洗い物も、ヘラとフライパンだけ〜!すごくない?

今度の研究としては、

  • 底が焦げないこと
  • 小さいフランスパンかミニフィセルみたいに長い形で作りたい♡
  • 自分のパンでサンドイッチ作りたい(サブウェイ風の♡それ持って、春の公園や夏の海辺へピクニックに行きたい)
  • いつでも焼けるように低温発酵をマスターしたい!省スペースにしたいから、ジップロック袋でいくつか作りたい!
    →色々と調べてみたら、そもそも常温でそのまま長時間発酵できるらしい。夏場は、フライパン温めなくてもいいかもね?もしくは夏場だけ冷蔵庫かも?
  • 全粒粉やライ麦を足して作りたい。茶色い炭水化物を取り入れる!
こんなサンドイッチのピクニックできたら最高♡